余分な成分は徹底的に省いた無添加コスメ

無添加コスメという言葉を聞いたことがある人もいます。中には無添加コスメを知らない人もいます。今回は無添加コスメとは何か、あるいは無添加コスメのメリットなどを紹介したいと思います。

【無添加コスメとは何だろう】

無添加コスメとは何が含まれていて何を基準にして無添加なのだろうと分からない人もいます。基本的に無添加というのは無香料や無着色はもちろん化粧品にあまり必要とされていない成分が入っていないものを無添加コスメと言います。

無香料や無着色以外のものをあげると、防腐剤です。要するに体に害を少しでも与えやすいものです。では無添加コスメのいいところとはどんなところだろうか説明します。

【無添加コスメのメリット】

無添加コスメというのは無香料や無着色などのなるべく天然性に近いもののことを言うことを先ほど述べました。

そうするとどうなるかというと体の肌が荒れている人や、元々荒れ症の人にとても有効です。何故そんなことが言えるのかというと、普通の化粧品には香料や着色するものが入っておりますが、香料や着色というのは体にはあまり不必要に近い成分です。ただ人と合うときにいい香りを出すためにつけているだけで、化粧品の根本とは程遠いものがあります。

だから肌の荒れている人には香料や着色は期待していない人が多数います。その成分があるだけで肌が荒れるということもあるからです。そのために今無添加コスメというものが流行っています。無添加なら無駄な成分がない分肌荒れを起こしにくいし、敏感肌や乾燥肌、またアレルギーやアトピー性のある肌にも対策が出来ると考えてもいいです。

無添加コスメのいいところはたくさんあります。でも何故無添加が今流行っているのかとても気になります。無添加を気にする人が多い理由を説明します。

【肌の弱い人や敏感な人が多い傾向にある】

昔と違い、今は肌の弱い人や敏感な人が増えました。その理由は今野菜を食べるときに強い農薬を使い体がアレルギー性になってしまうこともあるし、親が肌が弱いため遺伝によって肌質が悪くなる傾向もあります。

また公園の砂場にいくと衛生面があまりよくなくて犬のフンや猫のフンがあることもあります。何かしら遊びや気軽に触ったものが今簡単に触れない傾向にあります。体は触らないまま免疫性がなくなり肌質の弱い大人へとなっていきます。

しかし今20代から30代、また40代前後の人でも肌質が弱い傾向にあります。環境が悪かったり、肌へのダメージを受けるようなことをしたり、睡眠不足、栄養不足からくることもあります。

一概にはこれといったものがありませんが、今は暮らしにくくなったり、環境の変化がいろいろあることで肌への刺激が増える傾向にあります。弱まった肌はなかなか元には戻せませんし、むしろ女性の方が肌はデリケートに出来ています。

化粧品メーカーはそれではいけないと思い、だんだん無添加のコスメを作るということが多くなりました。肌の弱い人が化粧品をつけることが出来ないのはかわいそうだからです。でも少しでも負担のないようにするためには無添加のコスメが有効です。

無駄な成分もあまりないし、その分安心や安全性が絡んでいるからです。個人的にオススメしているのはあきゅらいずです。

【まとめ】

肌の弱い人はとても大変です。私も実は肌が弱いのですが、つけることの出来る化粧品が少ないからです。

やはり化粧品を買うときに重視することはメーカーやコストのこともありますが、安心や安全性につながる無添加を意識しながら買います。ここで香りがあると書かれていたり、防腐剤や何かが入っていると書かれていると買いたくなくなります。敏感肌も乾燥肌もアトピーも辛いです。余分な成分は徹底的に省いてくれると使いやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です