アレルギーで悩まされる人はビフィズス菌を始めてみよう

この時期、アレルギーで悩まされる人は多いのではないでしょうか。アレルギーの人は腸内環境を整えるとよいと言われていまよね。

腸内の善玉菌を増やすと免疫力が高まると言われているんですよね。

その善玉菌といえば、ビフィズス菌と乳酸菌になります。

乳酸菌もビフィズ菌も同じだと思っている人が多いと思いますが、この2つは菌は違いがあるのを知っていますか?

Bifidobacteriales (1)

ビフィズス菌と乳酸菌

人間の体の善玉菌はビフィズス菌が99.9パーセントを占めていて、乳酸菌は体内でほんのわずかの0.1パーセント以下になっています。

その数もビフィズス菌は腸内に1兆から10兆個もあり、乳酸菌は1億から1、000億個あると言われています。

ビフィズス菌は乳酸菌の100倍から1万倍もの数が腸内にいることになります。

乳酸菌とビフィズス菌の違いは、一番わかりやすいのは、腸内にいる数の違いになりますね。

ビフィズス菌のすんでいる場所は主に、人や動物の腸内ですが、乳酸菌は人や動物だけではなく、乳酸菌のすんでいる場所には、牛乳、ヨーグルト、チーズや、漬物やみそなどの発酵食品にもいます。

Bifidobacteriales (2)

ビフィズス菌は乳酸や酢酸を作りだし、これが強い殺菌能力があります。この殺菌能力の力で腸内の悪玉菌を抑え、腸内の環境をよくしてくれます。

加齢とともに減少するビフィズス菌

ビフィズス菌は年齢を重ねていくと急激に減少していきます。ストレスなどでも減っていくと言われています。年をとっていくとビフィズス菌を補っていく必要がありますね。

ビフィズス菌は腸内でビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸、ビタミンKなどの必須アミノ酸を合成します。

ビタミンB群は疲労回復や美肌の効果が期待でき、ビタミンKは、血液の凝固や血行促進に重要な役割をしています。

ビフィズス菌が腸内の免疫細胞を高めてくれるので、細菌やウイルスなどへの抵抗を増進してくれます。

ビフィズス菌は、体の中に取り入れると、菌はほとんど数日で出て行ってしまいます。

菌が入ってくると自分の菌もより活性化されていきます。

ビフィズス菌は食後に。

ビフィズス菌は食べ方にもタイミングがあり、食後に食べるのが一番よいそうです。

一緒に食物繊維をとるともっと効果が高まります。ビフィズス菌は食物繊維を好むので食物繊維を餌にして活性化します。ヨールグルトならドライフルーツを一緒にとるとよいでしょう。オリゴ糖という天然の糖分は、腸内の中のビフィズス菌が大好きなものなので、一緒にとるとよいです。

フィズス菌と食物繊維が同時に取れるスリムプリンセスなども評判が良いみたいですよ。

Bifidobacteriales (2)

ビフィズス菌の効果は、免疫力を高めてくれるだけでなく、ビフィズス酸に含まれる、ポリアミンは、動脈硬化やさまざまな疾患を抑制する効果が期待されていて、ポリアミンは大腸がんの予防にもよいとされています。

ビフィズス菌は続けることで効果がありますので、最低でも2週間は続けるようにしましょう。ビフィズス菌をたくさんとったほうがよいと言ってもたくさんとりすぎてもいけません。ビフィズス菌が増えすぎると、ビオミンの働きが弱まるので、主に肌や髪の毛に影響がでてきますので、注意をしてください。

腸内環境の乱れは、体の様々な体調不良を起こしたり肥満などにもつながっていきます。

最近ではうつ病や不安感を引き起こすのも腸内フローラが原因だと言われています。

昔から腸がスムーズに働いていない人は精神的な不安やうつを抱えていると言われえいます。マウスの実験によると、マウスにビフィズス菌を投与すると、うつ病の治療薬を投与した時よりビフィズス菌の治療効果のほうが高くなったと言われています。

ストレスなどが多い人は、善玉菌などのたくさん含まれたヨーグルトを毎日食べると、不安な気持ちが解消され、うつ病など精神疾患が改善されるようです。

ビフィズス菌を上手にとりいれることで、腸内も綺麗にし、心の安定もよくなります。

Bifidobacteriales (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です